グアムでのスキューバダイビングはパパラギ ダイビングスクールグアム店で!ファンダイビング、体験ダイビング、ライセンスコース開催!ブルーホール・クレバス・東海丸等のポイントへご案内!!

スキューバダイビングスクール サイトマップ
ようこそ!パパラギダイビングスクールグアム店へ!
空白

パパラギ ダイビングスクール グアム自慢

パパラギ ダイビングスクールパパラギ ダイビングスクールパパラギ ダイビングスクールパパラギ ダイビングスクールパパラギ ダイビングスクールパパラギ ダイビングスクール
  グアム店ブロググアムへようこそグアム自慢パパラギのECO
パパラギダイビングスクールグアム店グアム自慢

グアム自慢

 

「ブルー&ホワイト」


パパラギ ダイビングスクールグアム店

このポイントはアプラ湾のブルーホールとは反対側に位置しており、殆ど北側からうねりが入るグアムでは、めったに行けないポイントですが、乾季には時折風がなくべた凪の日があるので、その時を狙ってトライしてみます。

殆ど常に透明度は抜群に良く、50m以上はあります。ブルーアンドホワイトといわれるだけあって、ところどころに真っ白い砂地エリアが眩しく存在しています。深い砂地エリアには、ガーデンイールが生息しています。頻繁に使われるポイントではないので、生物的にも種類も量も豊富で、個人的にはコショウダイ系が多いのが気に入っていますが、初めて入る人はカスミチョウチョウウオの量に圧倒されるでしょう。

大物系も多く回っており、バラクーダの群れなどにも遭遇する確率は高いです。

あと、ハンマーヘッドシャーク、大きいホワイトチップ、ブラックチップ、ギンガメアジの群れなどが目撃されています、私の予想ではマンタなどもここを通ると思われます。何がいてもおかしくないポイントなので、否が応でも期待してしまいます。

ただし、外洋に面している為に、流れが入る事があるので、カレントフックとシグナルフロートは常に携帯して行った方が良いかと思われます。
そして、常にアンカーリングなので、いつも潜る位置が多少変わるので、潜る時にはここの地形に詳しいガイドにお願いしましょう。


戻る次へ
グアム店 GO

 



グアムNO1のパパラギ・ダイバーズ グアムにお任せ下さい。

お申し込み・お問い合わせはこちら
→ お申し込み・お問い合わせ

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
日本でのお問い合わせ … お近くのパパラギダイビングスクールへ
グアム現地でのお問い合わせ … (日本語OK) TEL 671-689-8248
E‐mail yoyaku@papalagi.co.jp

ページのトップへ