グアムでのスキューバダイビングはパパラギ ダイビングスクールグアム店で!ファンダイビング、体験ダイビング、ライセンスコース開催!ブルーホール・クレバス・東海丸等のポイントへご案内!!

スキューバダイビングスクール サイトマップ
ようこそ!パパラギダイビングスクールグアム店へ!
空白

パパラギ ダイビングスクール グアム自慢

パパラギ ダイビングスクールパパラギ ダイビングスクールパパラギ ダイビングスクールパパラギ ダイビングスクールパパラギ ダイビングスクールパパラギ ダイビングスクール
  グアム店ブロググアムへようこそグアム自慢パパラギのECO
パパラギダイビングスクールグアム店グアム自慢

グアム自慢

 

「ウェスタンショールズ ノースサイド」


パパラギ ダイビングスクールグアム店

今日のネタは採れたて新鮮昨日のウェスタンショールズノースサイドです。

私のお気に入りウェスタンショールズの枝サンゴはたまりませんなぁ〜。

天気のいい日は水深3mの真っ白い枝サンゴが眩しく輝き、そしてそこに無数に群れるデバスズメダイとの絵が、これぞまさにグアムと言った感じなんですね。

水温は29℃でした。2ミリロングジョンじゃちょっと涼しいです。透明度は15m〜25mで、グアムの実力が出せていない感じでしたが、これだけ撮れました。実はこの枝サンゴは、4年前の台風でほぼ全滅したかのように思われましたが、なんとも繁殖力の強いもので、数年で
こんなに立派になったのです。

しかし、昨年の台風で新たな場所が土砂崩れのように崩れてしまいました。
アプラ湾の防波堤が無ければ、こんなことにはならないのだと思いますが・・・。
でも、サンゴが死んで、そのサンゴの上にまたサンゴができるのを繰り返しているうちに、珊瑚礁自体が育っている様です。 これも自然のサイクルなのですね。
死んだ珊瑚には多くの微生物が住みつくので、無駄も全く無いようです。
死んだ珊瑚、生きているサンゴ、そこに住みつく魚がとても見事に調和しています。

ただ、枝サンゴは成長が早いのですが、ハマサンゴ系や他のサンゴは以外とデリケートで、成長が非常に遅く、ダメージを受けると死に易いようです。石の様に見えるものもありますが、全てがちゃんと生きています。サンゴは生態系に欠かせない生き物なので、大切にしていきましょう!

戻る次へ
グアム店 GO

 



グアムNO1のパパラギ・ダイバーズ グアムにお任せ下さい。

お申し込み・お問い合わせはこちら
→ お申し込み・お問い合わせ

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
日本でのお問い合わせ … お近くのパパラギダイビングスクールへ
グアム現地でのお問い合わせ … (日本語OK) TEL 671-689-8248
E‐mail yoyaku@papalagi.co.jp

ページのトップへ